戦場型経営戦略論 競争の戦略 業界構造分析

戦場型の経営戦略理論があります。

有名なマイケル・ポーター氏による「競争の戦略」が該当します。

このタイプの経営戦略論では、適切な戦場を選ぶことが大切だと説きます。

戦場によって、競争の激しさなどが違い、それが利益率や将来性などに大きな影響を与えています。

「競争の戦略」では、まず業界構造の分析を行います。

業界構造の分析は、以下の様な5つの競争要因の視点から行います。

  • 新規参入の脅威
  • 代替品の脅威
  • 業界内の競争
  • 買い手の交渉力
  • 売り手の交渉力

この分析は、「ファイブフォース分析」という呼ばれ方をします。

 

5つの競争要因のそれぞれには細かい視点があります。

たとえば、新規参入の脅威、であれば、

  • 規模の経済があるかどうか
  • 業界で製品の差別化ができているかどうか
  • 参入に巨額の投資が必要かどうか
  • 仕入れ先を変更するコストが大きいかどうか
  • 流通チャネルを確保するのが用意かどうか

のように、さまざまなポイントがあります。

こうした観点をしっかりと踏まえて分析をしていくことで、業界構造の把握ができます。

Pocket