BEPを超えた日

BEP(Break Even Point)。いわゆる損益分岐点です。

経営には固定費がかかります。

固定費は、例えば家賃です。

売上が例えゼロだったとしても、家賃などの固定費は出ていきます。

利益をだすためには、粗利で固定費を回収する必要があります。

そして、固定費を全て粗利で回収できる売上高がBEPです。

1年を通して見た場合、年初からの売上高がBEPを超える日があります(そうでなければ赤字になります)。

その日は「BEPを超えた日」です。

この日までの活動は、固定費を回収するため活動でしたが、この日から後は売れば売るほど利益になります。

この日は、そういう分岐点の日です。

BEPを超えた日は、社内で盛大にお祝いしてみませんか?

Pocket