客観的な強み

日本は観光後進国だという話があります。

日本の観光やおもてなしは外国人観光客を満足させていないそうです。

例えば、外国人観光客から見て、日光東照宮は修復されていない、説明が足りないのだそう。

外国人には少し覗かせてあげているだけ、という感じだという。

オリンピック誘致プレゼンでの滝川クリステルの「お・も・て・な・し」が当時話題になったが、実際のところ、日本が「おもてなし」と言ったとしても、外国人観光客から見たら日本の「おもてなし」は口だけというのは皮肉なことだと思う。

逆に、外国人から「日本の良いところ」を聞き出すことができれば、きっとそれが日本の強みです。

 

さて、企業経営においても自身の強みというのは、自分ではわかりにくいものです。

お客様に「当社をお選びいただいてる理由はなぜですか?」という質問をして返ってきた答えは、その会社が顧客から認めてもらえている強みです。

Pocket