競争の戦略 新規参入の脅威 流通チャネル確保の困難さ

ポーター教授は、流通チャネル確保が難しいかどうかも、新規参入の脅威に影響を与える一つの要因だと言っています。

業界内の既存の業者が既に顧客に対して流通チャネルを確保してしまっている場合、そこに新たに参入をすることは難しくなります。

流通チャネルが築かれてしまっているので、そこに対して新たに自力で流通チャネルを築こうとしても難しいのです。

顧客はがっちりと押さえられてしまっているようなものです。

新規参入の脅威で先に出てきた「仕入れ先変更のコスト」は、仕入れ先との関係でしたが、「流通チャネル確保の困難さ」は、販売先との関係でした。

当業界の販売先からみれは、当業界は「仕入れ先」であるので、「仕入れ先変更のコスト」「流通チャネル確保の困難さ」はある意味、似ているともいえます。

 

Pocket