シャープなアイデア発想法

シャープが画期的な製品を発表したことが話題になっています。

モバイル型ロボット電話『RoBoHoN(ロボホン)』の販売を開始

シャープの企業文化、興味深いです。

以前からもいろいろと話題になってますよね。

「シャープ 製品 話題」あたりでググると出てきます。

プラズマクラスターと何かを組み合わせたり、

テレビに目覚まし機能を搭載したり、

 

・・・

と見ていくと、「何かと何かを組み合わせてみる」分化があるのかな、という気がしてきます。

 

世の中には「アイデア発想法」というものがありますが、その中でもたとえばオズボーン法の場合、様々なヒント、観点をもとにアイデア発送を行います。

「小さくしてみたら?」

「大きくしてみたら?」

「混ぜてみたら?」

「逆さまにしてみたら?」

・・・

といった感じに、非常に多くの切り口が準備されています。

その中の一つに「組み合わせてみたら?」というのがあって、シャープの発想法はこれに固執し過ぎなんじゃないかな、などと思いました。

観点を拡げると、きっともっと豊富なアイデアが生まれてくると思うんです。

 

アイデア発想法は、アイデアを豊富に生み出すための技法です。

学んでおいて損はないと思いますよ。

Pocket