競争の戦略 新規参入の脅威 政府による規制

新規参入の脅威の分析では、政府による規制の有無も参入障壁に影響があると考えます。

たとえば、公共電波を使う事業や、電気・ガスの事業などが代表です。

その他にも、公共浴場、タバコ・酒の販売、医薬品、酒造、宿泊業、法務、税務など、さまざま分野で政府による規制があります。

電力販売や宿泊業については最近自由化の動きがありますね。

自由化が進めば当然参入障壁は低くなります。

政府による規制は時代とともに変化しますが、規制があれば参入しにくいことは当然ですよね。

Pocket