オリンピックエンブレムの選択とトンガリ

以下のような記事が4月10日の時点で出てました。

東京五輪新エンブレムの最終候補 選定プロセスに不可解な点も

「A案は藍色一色のみを使用したデザインで、カラフルな他作品とは趣を異にしている。最終選考の際、カラフルなデザインが好きな国民の意見がB~Dの3案で割れ、最終的にA案を利する結果になる可能性がある」(デザイン業界事情通)

この記事を先日読んだ際には意味がわからなかったのですが、当ブログの記事「コンセプトの明確化」を書いていて理解できました。

東京オリンピックのエンブレムの選考過程で、下の図の4つに絞られました。

五輪エンブレムの4候補

この中で、A案だけ異質です。

そのことを記事では言っています。

ただこれだけでは、デザインの素人である私には「ふーん、で?」というところでした。

当ブログの先日の記事「コンセプトの明確化」で、下のような図を紹介して記事を書きました。

記事を書くなかで、ようやく意味がわかりました。

トンガリ<あなたならどれを選びますか?>

上の図を見て、どうでしょうか?

あなたならどれを選びますか?

1個、明らかに目立つのがありますよね。

これが商品だったとしたら、その目立つやつを取ってみたいと思いませんか?

選択をするのは、トンガリのあるやつVSその他大勢、という構図にならないでしょうか?

もしあなたの商品にトンガリがなければ、この「その他大勢」の中に埋もれてしまいます。

トンガリがあることは、その他大勢に埋もれず、選択肢として浮かび上がる大きな特徴となります。

東京オリンピックのエンブレム選考過程で絞られた4つの案でも、同じことが言えると思います。

A案のみ異質です(A案は色がモノトーンな感じ。B~D案はカラフル)。

であるとすれば、4つに絞られた段階で「A案」vs「B~D案」の構図になっていたとも言えます。

この時点で、わかる人にはわかる、わからない人にはわからない、そんな仕込みがあったのかもしれません(実際のところどうだったかはわかりません)。

トンガリの選択プロセス

審査員の心の中の選択肢が、「A案」vs「B~D案」になったとします。

審査員が21人だったそうです。

ここで仮に、審査員の1/3の7人がA案を選び、残り2/3の14人が「B~D案」を選んだとします。

A案を選んだ人は、A案に投票します。

「B~D案」を選んだ人は、さらにB案、C案、D案の中から選択をします。

14人を3つの案に均等に割ることはできないので、仮にこの5人、5人、4人に割れたとしましょう。

すると、結果的に、

  • A案: 7人
  • B案: 5人
  • C案: 5人
  • D案: 4人

となり、A案が選ばれます。

3つの案のうち、どれか一つが少し魅力的だったとしましょう。

とはいえ、半数の人が選ぶほど目立ったものはないので、14人中7人が選ぶことはないでしょう。

したがって、多くても6人、ではないでしょうか?

そこで、14人が、6人、4人、4人に割れたとしましょう。

その場合、

  • A案: 7人
  • B案: 6人
  • C案: 4人
  • D案: 4人

となります。

そのようなことがあったかどうかはさておき、結果的にエンブレムはA案に決まりました。

A案よりも招致エンブレムがよかったという声も

ところで、A案に決定した後、「A案にするんだったら、招致エンブレムの方がよかった」といった意見もネット上に上がってました。

招致エンブレム
<招致エンブレム>

Print<決定したエンブレム>

確かにこうしてみると、招致エンブレムもいいですね(少なくとも私は招致エンブレムの方がワクワクします)。

デザインの形状は円形という点で似ています。

A案と招致エンブレムの二者択一であれば、招致エンブレムの方が選ばれるかもしれません。

さて、ここで私が気になること、それは、

もし、最終選考が招致エンブレムを混ぜた5案だったら?

どうなっていたか、ということ。

エンブレム4案+招致

ひょっとしたら、「A案」vs「B~D案」という構図は崩れ、違った結果になったかもしれません。

なお、招致エンブレムが候補から外れたのには、大人の事情があったようです(参考:評判いいのに…期待高まる招致ロゴ、なぜ使えない?)。

Pocket