企業方程式

企業の中のお金の流れを表した「企業方程式」というものがあります。

これは、5つの文字を使った方程式です。

  • P ・・・ 1個当たりの販売価格
  • Q ・・・ 販売個数
  • V ・・・ 1個当たりの変動費
  • F ・・・ 固定費
  • G ・・・利益

企業方程式は、これらの5つの文字を用いて、以下のようにあらわされます。

P×Q = V×Q + F + G

この方程式は、下の図のようになっている売上高(P×Q)、変動費(V×Q)、固定費F、利益Gの関係を表したものです。

STRAC

企業方程式は、”方程式”ですので、式変形して目的に応じた活用をすることができます。

①価格決定に

P = ( V×Q + F + G ) ÷ Q

利益Gを得るためには、価格をいくらに設定すればよいかを表します。

あるいは、いくらまで値下げに応じてよいか、という判断に使うこともできます。

②数量決定に

(式変形過程)

P×Q = V×Q + F + G

P×Q - V×Q = F + G

( P - V )×Q = F + G

Q = ( F + G ) ÷ ( P ー V )

利益Gを得るための販売数量の決定に活用できます。

③仕入れ単価の決定に

V = ・・・

の形に変形してみましょう。

④経費の決定に

F  = ・・・

の形に変形してみましょう

⑤利益を求めるのに

G = ・・・

の形に変形してみましょう。

 

このように、企業方程式を活用することは、数学的な判断(=科学的な判断)による経営を実現することにつながります。

Pocket