まだ改善で消耗してるの?強力な改善ツール「IE」で改善しよう!

こんにちは!

社長のビジョン実現のパートナー、中小企業の社外CFOの佐野敏幸(@snmcjp)です!

今回は、改善ツールのIEについて。

改善は、まずは現状を知ることから

作業を改善するには、

  • 無駄な作業はないか?
  • 無駄な作業を省けないか?
  • もっと良い方法はないか?
  • もっと効率の良い手の動かし方はないか?
  • もっと効率よく生産できる配置はないか?
  • etc…

といったことを考えます。

改善とは、善く改めること。

現在の状態より善くすることです。

そのため、改善をするためには、まずは現状を知る必要があります

現状を知るのにIEが役立つ

現状を知るために役立つツールとして、IE(Industrial Engineering、生産工学)があります。

IEは、アメリカで発生・発展した手法で、現状の分析を合理的に行うものです。

IEは大きく、方法研究と作業測定の2つの柱からなります。

方法研究は、工程分析と動作研究よりなります。

作業測定は、稼働分析と時間研究よりなります。

IEの体系は膨大なものですが、その中でもよく使うものは「IE7つ道具」として知られています。

IE7つ道具をキチンとマスターして使うことができれば、改善への大きな一歩を踏み出すことが可能になります。IEの体系

現状がわかったらムダをなくそう

IEで分析をすると、現状の作業がどうなっているのかわかります。

IEによって明らかになった作業には、きっとムダがあることもわかるでしょう。

一般的には、会社の業務のうち、「価値を生み出す作業」は10~15%程度と言われます。

びっくりするほど低いです。

逆に言えば、価値を生まない作業(ムダ)が85~90%程度あるということです。

ムダが見つかっても落ち込む必要はありません。

ムダがあるということは、そこに大きなチャンスがあるということです。

改善をしてそのムダをなくせば、生産性が大きく向上します。

ムダを無くすにはアイデア発想法も効果的

ムダを無くすためには、そのためのアイデアを出さなければなりません。

従業員みんなで考えれば、きっと良い案が浮かぶはずです。

改善のアイデアを出すときには、「アイデア発想法」も効果があります。

通常、「何かアイデア出してよ」と言われてもなかなか出ないのが人間というものです。

アイデア発想法で頭の体操をすることで、様々な改善案のアイデアが飛び出します。

Let’s 改善!

改善をするための流れとして、

  • IEでの現状分析
  • ムダの洗い出し
  • 改善のアイデア出し
  • 実行
  • ・・・PDCAへ

というのは基本です。

なにはともあれ、改善をするためにはまずは現状の把握から。

どんな職場にも改善のタネは埋もれています。

あなたの職場でも、きっと改善のタネが埋もれていますよ。

Pocket