従業員意識調査

社長の頭を悩ませるものの一つが、「従業員たちの気持ちはホントのところどうなのか?」ということです。

組織運営上、大きな悩みです。

従業員は、やはりなかなかホンネを見せません。

下手なことを言って経営陣に目をつけられて不利益を被らないか、従業員は気にします。

職場環境や給与・ボーナス・福利厚生などで何らかの不満を持っていたとしても、経営陣にホンネの気持ちを見せることをためらいがちです。

不満をため込んで、ため込んで、その結果、突然退職の意思表示をされる場合もあります。

従業員意識調査

そんな従業員のホンネを探るのには、従業員意識調査も有効です。

従業員意識調査は、たとえばアンケートを用いた質問などによって行います。

アンケートの場合、統計処理をするためにある程度の人数がいる企業で行います。

ホンネで答えてもらうためには匿名性も必要

アンケートはホンネで答えてもらえるように匿名で行います。

匿名性を保つためにも、ある程度の人数が必要になります。

アンケート回答者が数人しかいない状況では、誰が応えたアンケートかわかってしまいますからね。

誰が答えたか特定されてしまう状況では、ホンネを引き出すことはできません。

結果は客観的

アンケートで得られた回答は、統計処理をし、業界の平均値などと比較可能にすることで客観的になります。

これまでに実施した企業では、

「やはりそうだったか」

「ホントかどうか、辞めた社員に聞いてみたらホントだった」

といった声を社長よりいただいています。

従業員の気持ちが実際どうなのか不安をお持ちの社長には、従業員意識調査はオススメです。

Pocket