価格が粗利に及ぼす影響の大きさ①

価格は粗利に大きく影響をします。

今回は、戦略的な会計で、自社で取り扱っている商品のうちの、どれを値上げするべきかについて検討しましょう。

値上げするなら、どれにしますか?

あなたは、いろいろな商品を販売している企業を経営しています。

最近、利益が十分に出ず、経営が芳しくありません。

そこで、一部の商品の価格を10%値上げする交渉を取引先にすることにしました。

さて、取り扱っている商品のうち、どの商品について交渉したらよいでしょうか?

100種類の商品のうち、10品目を値上げするならどれにしますか?

 

こんなケースがあったとしましょう。

しかし、商品がたくさんあると、考えるのも大変ですね。

今回は、話を簡単にするために、

  • 値上げをしても販売数量は変わらない
  • 2タイプの商品だけを取り扱っている

ことにしましょう。

ケース1:販売数量と粗利がそれぞれ同じ場合

さて、取り扱っている商品が次のような2タイプだった場合を考えてみましょう。

販売数量は同じにしてあります。

ケース1

商品A:

  • 価格 500円
  • 販売数量 40個
  • 変動費 300円(1個当たり)

 商品B:

  • 価格 600円
  • 販売数量 40個
  • 変動費 400円(1個当たり)

この場合、それぞれの粗利は以下のようになります。

商品A:

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(500-300)×40

  =8,000円

 商品B:

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(600-400)×40

  =8,000円

どちらの商品も粗利額は8,000円で同じですね。

今回のケースは、販売数量と粗利がそれぞれ同じ場合、ということができます。

10%の値上げをした場合を下の図で表します。

価格と粗利:ケース1

商品A、Bそれぞれを10%値上げした場合の粗利の変化を計算してみましょう。

商品A:

価格 500円 ⇒ 550円

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(550-300)×40

  =10,000円

粗利の増加=値上げ後ー値上げ前

     =10,000-8,000

     =2,000円

商品Aは、10%の値上げにより粗利が2,000円増えることがわかりました。

商品Bも計算をしてみましょう。

商品B

価格 600円 ⇒ 660円

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(660-400)×40

  =10,400円

粗利の増加=値上げ後ー値上げ前

     =10,400-8,000

     =2,400円

商品Bは、10%の値上げによって粗利が2,400円増えることがわかりました。

ケース1の場合、10%値上げをした場合の粗利の増加は、商品Aが2,000円、商品Bが2,400円です。

もし、片方の商品だけしか値上げできないとするならば、商品Bの値上げをする方が得策です。

 

ケース2:販売価格と粗利がそれそれ同じ場合

さて、今度は取り扱っている商品が次のような2タイプだったらどうか、考えてみましょう。

なお、販売価格は同じになっています。

ケース2

商品A:

  • 価格 600円
  • 販売数量 40個
  • 変動費 400円(1個当たり)

 商品B:

  • 価格 600円
  • 販売数量 20個
  • 変動費 200円(1個当たり)

この場合、それぞれの粗利は以下のようになります。

商品A:

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(600-400)×40

  =8,000円

 商品B:

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(600-200)×20

  =8,000円

今回も、ケース1と同様に、どちらの商品も粗利額は8,000円で同じですね。

今回のケースは、販売価格と粗利がそれぞれ同じ場合、といえます。

ケース2で価格を10%上げると、下の図のようになります。

価格と粗利:ケース2

さて、商品A、Bそれぞれを10%値上げした場合の粗利の変化を計算してみましょう。

商品A:

価格 600円 ⇒ 660円

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(660-400)×40

  =10,400円

粗利の増加=値上げ後ー値上げ前

     =10,400-8,000

     =2,400円

商品Aは、10%の値上げにより粗利が2,400円増えることがわかりました。

商品Bも計算をしてみましょう。

商品B

価格 600円 ⇒ 660円

粗利=(価格ー変動費)×数量

  =(660-200)×20

  =9,200円

粗利の増加=値上げ後ー値上げ前

     =9,200-8,000

     =1,200円

商品Bは、10%の値上げによって粗利が1,200円増えることがわかりました。

ケース2の場合、10%値上げをした場合の粗利の増加は、商品Aが2,400円、商品Bが1,200円です。

もし、片方の商品だけしか値上げできないとするならば、商品Aの値上げをする方が断然お得です。

 

粗利が同じでも、状況によって値上げの影響は異なる

さて、上記の2つのケースは、以下のような2つのタイプでした。

ケース1:販売数量と粗利がそれぞれ同じ2つの商品

ケース2:販売価格と粗利がそれぞれ同じ2つの商品

上の検討でわかったことは、

粗利が同じ商品でも値上げによる粗利の変化の仕方は異なる

ということです。

一部の商品の価格の変更をする場合には、慎重な検討を要する、ということができます。

(つづく)

 

Pocket