競争の戦略 業界内の競争 業界内の業者の戦略が異質か?

業者内の2社の戦略が異質な場合

業者内の業者の戦略が異質な場合、業界内の競争は激しくなります。

例えば、2社が存在する市場で、同じような製品を販売している場合を考えてみましょう。

A社とB社は同じ路線の製品を販売していますが、戦略は次のように異なるとします。

  • A社 ・・・ ブランドを高め、高付加価値で売りたい。(3つの差別化軸でいうところの「商品軸」を選択)
  • B社 ・・・ 安売りが得意としている。当然、おの製品も低価格で販売したい。(3つの差別化軸でいうところの「手軽軸」を選択)

A社としては、顧客の頭の中でのこの製品のイメージを出来る限り高級にし、高い価格で販売をしたいところです。

「あの製品は良いものだ。高くてもそれだけのお金を出す価値がある。」と顧客に思ってもらえれば、高い価格での販売も可能になります。

しかし、その隣でB社が似たような製品をたたき売りしていたとしましょう。

そのようなB社が隣にいれば、A社が製品のブランド価値を高めたいと思っても、なかなかままならないでしょう。

もし、A社とB社が協力をしあい製品のブランドイメージを高めるということをすれば、A社もB社も儲かります。

しかし、実際には、B社が強みを発揮できる戦略は「低価格」路線です。

普段からいろいろなものを安売りしているB社が、高級路線で製品を販売しようとしても、上手くは行きません。

だから、A社とB社は協力し合うこともなく、それぞれ別の戦略をとっています。

その結果、業界内の競争は激しくなります。

実際の市場はもっと複雑。だが基本は一緒。

実際の市場は、上で考えたようなシンプルな市場ではなく、様々な企業が様々な戦略をとります。

しかし、そこで起きることは基本的に2社の場合と同じです。

ほとんどの企業はお互いに協調することもなく、自社の利益を追求します。

異質な戦略が可能な業界では、なおさら競争は激しくなります。

Pocket