PDCAはPからスタートすることにこだわるな!スタートはDからでも、Cからでも、Aからでもよい!

こんにちは!

社長のビジョン実現のパートナー、中小企業の社外CFOの佐野敏幸(@snmcjp)です!

今回は経営管理の基本プロセス「PDCA」についてです。

PDCAを回す

「PDCAを回す」とよく言います。

PDCAは、以下の4つをぐるぐると回す管理サイクルです。

  • P・・・Plan:計画
  • D・・・Do:実行
  • C・・・Check:チェック(差の測定)
  • A・・・Action:対策

P・D・C・Aを、

P ⇒ D ⇒ C ⇒ A ⇒ P ⇒ D ⇒ C ⇒ A ⇒ P ⇒ D ⇒ C ⇒ A ⇒ P ⇒ D ⇒ C ⇒ A ⇒ ・・・ 

と繰り返していきます。

PDCAを回していくことで、継続的な改善を進めます。

PDCAをしっかりと回している組織は、強い組織になります。

PDCAはPからのスタートでなくても良い

さて、そんなPDCAですが、Pからスタートすることにこだわる必要はありません

P・D・C・Aのうち、できるところからスタートすればOKです。

例えば、「とりあえず問題点を把握してみる」

これまでなんとなくやってきたことについて、問題点を把握するところから入る、という場合があります。

そのために、現状の把握、問題点の抽出を行います。

現状の把握と問題点の抽出はPDCAのCです

問題点を抽出したら、それに対して対策を考えます。これは、PDCAのAですね。

そして、計画(P)を立て、実行(D)し、チェック(C)し、・・・といった感じで、PDCAを回していけばOKです。

一旦PDCAが動き始めれば、あとはどんどんと回していきます。

例えば、「とりあえずやってみる」

まだやったことのないことは、わからないことが多いものです。

そして、わからないことについて計画を立てるのは難しいものです。

だから、とりあえずやってみる(PDCAのD)、というところからスタートするのもアリです

とりあえずやってみれば、その結果として問題点も見えてきます(PDCAのC)。

そしたら、その問題点に対して対策を練り(PDCAのA)、計画を立て・・・といった感じで、PDCAを回転させていきます。

例えば、「とりあえず対策を考えてみる」

現状すでに問題点があるような場合です。

問題点がわかっているのであれば、いきなり対策(PDCAのA)からスタートすることもできます。

対策を考えたら、計画を立て(PDCAのP)、実行し・・・とPDCAを回していきましょう。

PDCAはとにかく回してみる

PDCAは、回しながら継続的に改善をしていくサイクルです。

まずは、とりあえずPDCAを回し始めてみましょう。

PDCAを回せば新しく見えてくることもあります。

PDCAは、繰り返し回すことが大事です

Pocket