コンサル、コーチのニーズ

中小企業診断士をしていて「不思議だなぁ」と、なんとなく思っていること。

それは「専門分野」のこと。

専門分野

よく、「ご専門はなんですか?」と聞かれます。

質問する人の多くは、例えば以下のような答えを期待しているようです。

  • 「マーケティングが専門です」
  • 「生産管理が専門です」
  • 「海外展開が専門です」
  • 「ベトナム進出が専門です」
  • 「人事が専門です」
  • 「5Sが専門です」
  • 「知的財産が専門です」
  • ・・・

専門を突き詰めれば「選ばれる理由」になる

マーケティングで、S・T・Pは大切です。

Sはセグメンテーション、顧客層を分類すること。

Tはターゲティング、狙う特定の顧客層を決めること。

Pはポジショニング、特色を明確にし、競合他社に対する差別化を行うこと。

こうした活動は、いわば「絞り込み」というやつです。

絞り込むことで、顧客から選ばれる理由が生まれます。

コンサルタントも当然、絞り込みによってえらばれる理由が生まれます。

専門家は選ばれるが、あくまでも「専門家」である

ただ、気になる点は、顧客がある専門家に特定の価値を見出し、選んだとしても、それはあくまでも「専門家」だということ。

例えば、「海外展開の専門家」として顧客に選ばれれば、「海外展開の専門家」として扱われます。

このいわゆる「専門」の内容が、経営戦略の下位のものだったり、戦術だったり、機能的なものであったり、個別のものであった場合、経営者の頭の中にあるお悩みのうち、下位のものになりがちです。

経営者としては「この内容は専門家がいるから、任せておこう」となりがちです。

結局、外注的な仕事になり、経営の核心部から遠い部分を扱う「専門家」となってしまいがちです。

専門を突き詰めるのなら、経営の核心部に迫るべき

コンサルタントにとっては「専門」の選び方が、「個別の専門家」になるのか「経営コンサルタント」になるのかの分かれ道であるように思います。

そして、「経営コンサルタント」になるためには、いわゆる「経営の核心部」を専門分野とするべきと思います。

核心部のコンサルニーズは実は満たされていないのでは?

実は、この「経営の核心部」を専門分野としているコンサルタントって、意外と少ないのではないかと思います。

であるならば、この核心部に対するコンサルニーズは、意外にほとんど未開のニーズである可能性もあるのでは、と思っています。

コンサルというよりはコーチのニーズがある?

ただし、核心部というのは、人からあれこれ言われたくないエリアでもあります(私も人からあれこれ言われたくありません)。

なので、この部分は実は、コンサルティングというよりはコーチングで迫るべきだと考えています。

Pocket