参院選のビッグデータ予測と開票結果

こんにちは!

社長のビジョン実現のパートナー、中小企業の社外CFOの佐野敏幸(@snmcjp)です!

昨日の開票結果の続きです。

朝刊に当選者数が載っていました。

  • 自民 54
  • 民進 31
  • 公明 13
  • お維新 7
  • 共産 6
  • 社民 1
  • 無所属 4

で合計116名とのことです。

勉強不足なのか、121名改選して、結果が116名の仕組みがよくわかりませんが、とりあえず、ビッグデータの予測(7/7)と比較をしてみました。

ビッグデータ予測は121名での内訳予測なので、単純に絶対数では比較できません。

そこで、割合の積み上げグラフにしてみました。

ビッグデータで参院選予測

ビッグデータによる予測に比べ、実際の結果はグラフの黄色(共産)が減って茶色と灰色が多めになってますね。

大雑把に言って、感覚的には割合は近いとも言えますが、完全一致とまではいきませんでした。

以上、ビッグデータに対する個人的な興味による比較でした。

では!

Pocket