それは5Sの「躾」の問題ではなく「危機感のズレ」という場合がある。

こんにちは!

社長のビジョン実現のパートナー、中小企業の社外CFOの佐野敏幸(@snmcjp)です!

今日は5Sの「躾(しつけ)」と社長と社員の「ギャップ」について。

5Sの「躾」

経営診断やカイゼンをしていると、5Sの話になることがあります。

5Sの話題になると、なぜか多くの社長さんが真っ先に言うことがあります。

ウチの社員は「躾」ができてなくて・・・

ここでいう「躾」とは、いわゆる5Sの要素の一つである「躾」です。

このように、5Sの話題になると「躾」ができてないことを問題視している社長さんが多いのです。

そもそも5Sって

ちなみに5Sは、整理・整頓・清掃・清潔・躾のことをいいます。

これら5つの言葉には多少の定義のバリエーションはありますが、大雑把にいって以下のような内容です。

  • 整理・・・要るものと要らないものを分け、要るもののみ残しておくこと
  • 整頓・・・必要なものをすぐに取り出せるようにしておくこと
  • 清掃・・・いわゆる「清掃」です。汚れやホコリ等を取り除き、キレイにします。
  • 清潔・・・上記3つの整理・整頓・清掃(これら3つで「3S」とも言います)を維持していること
  • 躾・・・上記4つについていちいち言われなくても自然に身についている状態

これらの意味は生産管理の場で使う意味であって、日常生活の場で使う意味と必ずしも同じではありません。

実際のところ、生産現場と関わりのない多くの人たちは「整理」と「整頓」に違いがあるとは思っていません。

さて、5Sの整理・整頓・清掃・清潔・躾ですが、5Sを実施するときには通常前から順番に進んでいきます。

  整理 ⇒ 整頓 ⇒ 清掃 ⇒ 清潔 ⇒ 躾

といった調子です。

そもそも要らないものがそこにある状態(整理できていない状態)では、必要なモノをすぐに取り出せるような状態にしておくこと(整頓)は困難です。

さらに、整頓ができていなければ、ちゃんとした清掃はできません。

そして、整理・整頓・清掃ができていなければ、それらを維持すること(清潔)なんてできませんよね。

そしてこれらができていないのであれば、これらを言われなくても当たり前にできる状態になっている(躾)なんてことはあり得ません。

このように、5Sは整理・整頓・清掃・清潔・躾を順番に進んでいくことになります。

5Sの話題になったときに真っ先に出てくる「躾」

先に述べたように、5Sの話題になるとな多くの社長さんが真っ先に次のようなことを言います。

ウチの社員は「躾」ができてなくて・・・

さて、この「躾」ですが、話を聞いていくと例えば以下のような内容であることが多いです。

  • 自分が思っているように社員がちゃんと動いてくれない
  • 社員教育が十分じゃない
  • 社員はそれなりに教育できているが、まだ理想の状態には辿りついていない

・・・

これらの問題は、実は5Sの「躾」ではありません。

では何なのか?

それは、危機感のズレと考えられます。

社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレによるストレス

経営コンサルタントの和仁達也氏が著書の中で社長の典型的なお困りごとについて述べています。

その中の一つが、「社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレによるストレス」というものです。

社長と社員では、立場が違います。経営に関する情報量も違います。責任も違います。

こうしたことが、社長と社員の間に危機感のズレを生じさせます。

その結果、「社員が思うように動いてくれない」「説明してもわかってくれない」といった問題を生じさせます。

 

5Sで「躾ができてなくて・・・」というのは実は5Sの問題ではなく、このような「社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレ」と考えるのが自然です。

このような場合には、5Sとは別の対策、「社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレ」を縮める対策が必要になります。

「社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレ」を埋めるためには、「何を言うか」よりも「誰が言うか」の方が大事な場合があります。

そのため、外部の専門家を活用するのも有効です。

まとめ

5Sで「躾」について真っ先に触れる社長さんが多いが、実際は「社長と社員の立場の違いからくる危機感のズレ」のことを言っている場合が多いです。

5Sをするなら、まずは3S(整理・整頓・清掃)から始めましょう。

それ以前に「躾」が気になる場合には、5Sとしてではなく、別の観点で取り組む必要があります。

そのためには、外部の専門家の活用も効果的です。

Pocket