キャッシュフローは計画をしておく。

社長のビジョン実現のパートナー、

中小企業の社外CFOの佐野敏幸(@snmcjp)です。

見えにくいお金の流れ

kinketsu_christmas

会社を経営していると、

モノが売れたり、

モノを仕入れたり、

借入をしたり、

返済をしたり、

給料を払ったり、

などなど、

いろんなお金の流れが発生します。

お金の入りと出のバランスやタイミングなど、

きちんとしていないと、

「〇〇に支払わなきゃいけないのに、手元にお金がない。△△から入金予定があるけど来週なので〇〇の支払いに間に合わない。」

大変なことになってしまいます。

ヤッタ!たくさん売れた!\(^o^)/

と喜んでいても、それに付随する仕入の支払いなどで、

なぜかお金が手元にない、ヤバイ! (((((( ;゚Д゚)))))

といったことも、よくあります。

kyoufusyou_ansyo

会社の中では様々な活動からお金の流れが発生するため、

その流れが読めない、ということは多々あります。

脳内ビフォー

そんな状況では、

頭の中がお金の不安でいっぱいになり、

本業にはなかなか集中できません。

お金の流れは計画的に

お金の流れは、

きちんと年間の計画を立てて、

それに沿ってこまめにPDCAを回しながら、

事業活動を行うのが安心です。

売上が計画に対して不足していれば、

計画に追い付くための適切な手を打ち、

多すぎる場合は、

計画通りにいくよう、やはり手を打ちます。

計画数値から外れないようにきちんと管理をしていけば、

お金の流れの不安、資金繰りの不安から解き放たれて、

社長は本業に集中できて、

脳内アフター

しかも、

ビジョンも実現できてしまう。

そういう経営ができたら理想的ですよね。

 

まとめ

会社のお金の流れは計画的に。

計画から外れないように事業活動を行っていけば、

不安から解消され、

ビジョンの実現も近づきます。

 

会社のお金の流れを起点に、

社長のビジョンの実現をサポートする、

中小企業の社外CFOの佐野敏幸、

初回相談は無料です。

ミラサポの専門家派遣でもご活用いただけます。

Pocket