価値を生む作業

業務で価値を生む部分について考えてみましょう。

あなたの会社の業務のうち、価値を生んでいる業務は何%くらいありますか?

80%?

100%?

70%?

きっと、これくらいの数字をイメージされている方が多いと思います。

しかし、実際には、まず、そんなことはありません。

多くの会社では、およそ20%くらいでしょうか。

価値を生み出す作業は、お客様にとっての価値を生み出す作業です。

製造業なら例えば以下のような作業でしょう。

  • ねじを締める。
  • 穴をあける。
  • 材料を切断する。
  • 組立をする。

逆に言うと、例えば以下のようなものは価値を生まない作業です。

  • 材料を移動する。
  • 段取り替えをする。
  • 材料を測る。
  • 図面を確認する。
  • 用足しをする。

生産性向上のためには「価値を生む作業」の割合を増やそう

価値を生まない作業の割合を減らし、価値を生む作業の割合を上げることで生産性が向上します。

そのためには、しっかりと現状を把握し、従業員同士でアイデアを出し合ったり、議論を交わすことが効果的です。

アイデアの出し方では、「アイデア発想法」を活用することも効果を発揮します。

議論を活発化するためには、「ディベート訓練」を行うことも効果が高いです。

アイデア発想、ディベート訓練は会社組織を活性化する効果もあります。

フレームワークも役に立ちます

例えば、ECRSのフレームワーク。

以下のようなものです。

  • E: Eliminate: なくせないか?
  • C: Combine: 一緒にできないか?
  • R: Rearrange: 順序を変えられないか?
  • S: Simplify: 単純化できないか?

このような観点から考えることで、「価値を生まない作業」の割合を減らすことができます。

他にも、3ム、7つのムダ、4M、PQCDSMEなど、さまざまなフレームワークがありますので、状況に応じて活用していくことで効果を発揮します。

 

Pocket