コンサルティングで大切なこと

それは、コンサルティングを通して、社長に盲点に気付いていただくや、判断の基準を提示することかなと思います。

昔であれば、多くの知識を持つコンサルタントは「先生」であって、社長がわからないことがあるときに、聞けば教えてくれるありがたい人だったかもしれません。

しかし昔と違い現在はネットが発達しています。

社長が必要とする情報は、検索すればすぐに調べることができます。

ですので、今後のコンサルタントの役割は、検索ではわからないこと、例えば、盲点の存在や、判断の基準の提供をすることに重点がシフトしてきています。

 

さらにいえば、こうしたことをコーチングを通して提供し、社長が納得性の高い意思決定をできるようにサポートをすること、が大事になってきていると思います。

Pocket