フレームワーク

コンサルタントの思考ツール

経営コンサルタントの使う思考ツールとして、フレームワークなるものがあります。

フレームワークは、一言でいうならば、思考を体系的に行うためのツールです。

フレームワークを使うことで、考えたことの納得性が高くなります

また、検討のヌケモレがなくなます。

言い換えれば、盲点に気付くことができます

フレームワークには様々なものがある

フレームワークとして考え出されたものとしては、たとえば、以下のようなものがあります。

  • アンゾフの成長ベクトル
  • VRIO分析
  • PEST分析
  • SWOT分析
  • 4P
  • STP
  • PDCA

上記のものは、フレームワークのごく一部の例です。

たとえば、アンゾフの成長ベクトルは以下の図のようなものになります。

アンゾフのマトリクス

アンゾフの成長ベクトルでは、事業の方向性を、上の図のような4つのパターンで考えていきます。

多くの場合、事業の方向性を考える際、その時に考えていた方向性に凝り固まって考えがちで、新しいアイデアが出にくくなります。

しかし、このようなフレームワークがあることで、

・今ある製品を新しい市場に投入するのはどうだろう?

・今いるお客さんに新しい製品を提供したらどうだろう?

・・・

という風に、体系的に検討を進めて行くことができ、気がつかなかったことに気がつくことができます。

 

良いコンサルタントは、こうしたフレームワークを頭のなかに持っており、

適切に使用をすることで、クライアントが盲点の存在に気づくことを促します。

 

Pocket