オープンブックマネジメント

オープンブックマネジメントという手法、考え方があります。

これは、経営数字を従業員と共有することで、従業員のモチベーションが上がり、結果的に業績が向上するというものです。

経営者と従業員では関心のある数字が違う

決算書から引っ張ってきた以下の数字について考えてみましょう。

  • 売上
  • 変動費
  • 粗利
  • 固定費(人件費、その他)
  • 利益

経営者に「どの数字に興味がありますか?」と聞きます。

間違いなく「利益」と答えます。

従業員に「どの数字に興味がありますか?」と聞きます。

間違いなく「人件費」と答えます。

当然ですよね?

このように、経営者と従業員では関心のある数字が違います。

それでは、どうしたら会社の経営は上手くいくでしょうか?

それぞれが関心のある数字を向上させる方針が業績を向上させる

例えば、会社の業績を上げるため「利益」を追求する計画だったらどうでしょうか?

それだけでは従業員はモチベーションが上がりませんよね。

会社の利益が上がっても、従業員自身に還元されなければ、従業員はモチベーションがあがりません。

それどころか、下手をすると「社長ばかりが儲けやがって、俺たちは駒かよ」と謀反を招くかもしれません。

ベストなのは、会社の利益も上がって、従業員の収入も上がる、そんな計画です。

そのような計画なら、従業員は頑張って業績を上げれば収入が上がるのでモチベーションも上がります。

まさに「全社が一丸となって」会社の業績向上に向けて力を合わせることができます。

Pocket