3つの差別化戦略

差別化戦略には3つの軸がある、という考え方があります。

次の3つの軸です。

  1. 手軽軸
  2. 商品軸
  3. 密着軸

以下、簡単に説明します。

1.手軽軸

とにかくお手軽!「早い」とか「安い」とか「手に入りやすい」など。

たとえば、マクドナルド、吉野家などがそういった戦略を採用してますね。

2.商品軸

とにかく、モノが良い!

「最高品質」とか「最新技術」など。

私は行ったことはありませんが、寿司の”久兵衛”とかがこれでしょうか。

ラーメンで言えば、店主こだわりの最高の味、コショウなどが置いてなくて「そのままお召し上がりください」といった感じですね。

3.密着軸

とにかく、お客さんの好みに合わせます!

ラーメン屋で言えば、「濃いめか薄目か」「固めか柔らかめか」「ニンニクやネギを入れるかどうか」など、いろいろと細かく注文できるようなお店が該当します。

 

選択できる差別化軸は基本的に一つ

これら3つの差別化軸のうち、選択できるのは基本的に一つです。

店主こだわりの最高の味(商品軸)で、しかもお客さん好みにカスタムできて(密着軸)、しかも激安(手軽軸)!・・・なんてのはあり得ませんよね。

これら3つの軸は、どれかを伸ばすと他がひっこんでしまうというトレードオフの関係があります。

差別化戦略として採用し、前面に出すことができるのは基本的に一つです。

ただし、選択した軸とは別の、残りの2つの軸も平均点以上は欲しい、とも言われます。

「早い!安い!不味い!」の三拍子では、怖いもの見たさのお客さんくらいしか来ませんよね。

早くて安くても、ほどほどに美味しい必要はあります。

 

世の中のさまざまな企業で、3つの軸を欲張って同時に選択しようとしたために差別化が曖昧になり、結果的に差別化できなくなっている例は意外に多いように思います。

どれか一つを選択して、そこに集中して磨きをかけ、トンガリを手に入れることは大切です。

Pocket