SEOとキーワード

ホームページを持っている事業者さんでSEOに関心を持っておられる方は相当な割合でいらっしゃいます。

そういった事業者さんには、悪質なSEO業者が群がってきますので気をつけましょう。

これまでに出会った事業者さんでも、悪質なSEO業者に入りこまれている方が結構いらっしゃいました。

SEOは一筋縄ではいかない

SEOは簡単にはできません。

Googleなどの検索エンジンの側からすれば、検索サービスの満足度の鍵を握るのは「検索結果の品質」のはずです。

そんな検索エンジンの会社を騙して検索上位に載るということが簡単ではないことは想像してみればわかると思います。

悪質なSEO事業者の謳い文句で、例えば「アプリのボタンを押せばSEO出来ちゃいます!」みたいなものがあります。

Googleなどの会社の優秀さを知っていれば、「そんなはずないじゃん!」というのはすぐにわかるはずです。

小さいキーワードに注意

検索キーワードには「大きなキーワード」と「小さなキーワード」があります。

大きなキーワードは、一般的な言葉などです。

一般的な言葉は、インターネット上にその言葉を使ったページが膨大にあることから、そういうキーワードでの検索結果を上位にすることは非常に難しいです(SEOが難しい)。

例えば、「ネコ」というキーワードでGoogle検索すると、約 23,500,000 件のページが出てきます。

これに対して「ネコ ジャンプ」だと約 293,000 件です。

複数のキーワードを組み合わせた検索では、ページ数が少なくなります(こういうのを「小さなキーワード」といいます)。

この件数の多い少ないは、SEOの難易度に直結します。

件数の多いものほど難しく、少ないものは易しくなります。

SEO業者からは「このキーワードの組み合わせで1ページ目にしてあげます」といったことを言われる場合もあります。

しかし、ここには問題があります。

たとえ、その小さなキーワードで1ページ、あるいは1番目にできたとして、それがアクセス数アップに果たして効果があるのかどうか?という問題です。

そのキーワードで検索されているのがどのくらいの回数なのかを調べる方法があります

クライアントからキーワードのことをお聞きして、そのキーワードでの検索回数を調査すると、たいてい「1ヵ月間で0回」だったりします。

あるいは、0回でなかったとしても、その数字って事業主さんが自分で検索してみた回数だよね・・・という感じの数字だったりします。

検索キーワードがマニアックすぎるんですね。

そんなキーワードでSEOをして検索上位になったとしても、アクセスが見込めるはずもありません。

適切な大きさのキーワードを使いましょう

このように、大きなキーワードではアクセスが見込めるがSEOが難しく、逆に小さなキーワードではSEOが容易だがアクセスが見込めない、というジレンマがあります。

SEOに取り掛かる際にはキーワードの大きさや検索回数を調べた上で、アクセスアップが見込めてしかもSEO対策が可能な範囲のキーワードを選定することが大事です。

Pocket