安心安全ポジティブな場が大切

最近、現代ビジネスにこんな記事が上がっていました。

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ プロジェクト・アリストテレスの全貌

社員の生産性を高くする要因について調査したものです。

プロジェクトでは、まず「チームワーク」に着目し「チーム編成」「チームの規範」などの観点から調査を行います。

しかし、そこからは生産性を高くする共通パターンは見つけられませんでした。

そんななかで、プロジェクトでは様々な調査・検討を行った結果、共通項が見つかりました。

それは、「心理的安全性」です。

成功しているチームでは、「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といったメンタルな要素が強い傾向がみられます。

チーム内で誰か一人だけ喋りまくって、他のチームメイトがほとんど黙り込んでいるチームは失敗する。逆に(途中で遮られるかどうかは別にして)チームメイト全員がほぼ同じ時間だけ発言するチームは成功するという。

このようなことって、なんだか、考えてみれば、誰しも経験があることではないでしょうか?

「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった不安を、チームのメンバーから払 拭する。心理学の専門用語では「心理的安全性(psychological safety)」と呼ばれる安らかな雰囲気をチーム内に育めるかどうかが、成功の鍵なのだという。

そういえば、ブレインストーミングを実施する際にも、「批判厳禁」「質より量」などといったルールでアイデアをたくさん出していきます。

これと似たようなところがありますね。

結局のところ、安心・安全・ポジティブな場をつくることが、組織のパフォーマンスを上がることにつながるということですね。

Pocket