ゴールに導かれる経営、危機に対応する経営

経営のやり方の分類の仕方として、次のようなものがあります。

  • ゴールに導かれる経営
  • 危機に対応する経営

ゴールに導かれる経営

ゴールに導かれる経営は、ビジョンや目標を設定すると自然にそこに導かれていき、結果的に達成できてしまうというものです。

実際には、ビジョンや目標を設定することで、それを達成するためにやるべきことが明らかになったり、気持ちが入って実行をできるということも後押ししています。

危機に対応する経営

ゴールに導かれる経営とは逆に、危機に対応する経営というものがあります。

その都度その都度発生する危機に対応していく経営です。

このような経営は、一難去ってまた一難・・・どうしても行きあたりばったりになりがちです。

どちらがいいかは・・・

どちらがいいかは、言うまでもありませんよね。

ビジョンをしっかりと考えていきましょう!

Pocket