ホーム

ビジョンが実現できる環境つくりをお手伝いしています

経営者のみなさん!こんなお悩みはありませんか?

お悩み1.「会社のお金の流れが漠然としていてストレスを感じる」

  • 売上が伸びているのに、なぜか資金繰りが苦しい
  • お金の流れがよくわからず、意思決定をしにくい
  • 会計事務所の報告書が難しすぎてわからない

お悩み2.「社長と社員との立場の違いからくる危機感のズレがある」

  • 思うように社員が動いてくれない
  • 社長が会議で発言しても社員に響かない
  • 社長は危機感があるのに社員はノホホンとしている。

キャッシュフローコーチ®がサポートします

キャッシュフローコーチ®は、経営者をこのようなお悩みから解放し、

本業に専念できる状況をつくり、

ビジョンとキャッシュフローの両輪の経営の実践をサポートしています。

 

SNMCコンセプト

キャッシュフローコーチングの効果

社長がお金と人の悩みから解放され、本業に専念できる

キャッシュフローコーチ®の主な役割は、次の2つです。

  1. 会社のお金の流れをスッキリと見通せるようにし、社長が納得の意思決定できる状況をつくる。
  2. 社員向けのお金のセミナーや、社長の考えをわかりやすく言語化することを通して、社長と社員の危機感のズレを縮める。

これら2つを通して社長をお金と人の悩みから解放することで、本業に専念できる状況をつくります。

キャッシュフローコーチングのサービス内容

「キャッシュフローコーチング」は和仁達也先生が生み出したコンサルティング技術で、和仁先生自身が20年近くにわたって成果を生み出し続けている手法です。キャッシュフローコーチングでは主に以下の2つのポイントからサービスを提供します。

①お金の悩みの解消:2割の知識で経営において8割OK!

ステップ1.「お金のブロックパズル」で現状のお金の流れをザックリと把握

「お金のブロックパズル」を用い、経営者にとって必要な知識だけに絞ってお金の流れをザックリと直感的に把握します。ステップ2.キャッシュフロー計画表を策定

  1. 「お金のブロックパズル」をさらに活用して、根拠のある売上目標、理想の収益構造を決めます。
  2. 策定した数字をもとにキャッシュフロー計画表を作成します。

ステップ3.毎月の進捗確認と課題解決

毎月1回訪問し、進捗確認とコーチングによる課題解決をして、PDCAを確実に回しつづけるお手伝いをします。

*PDCA…Plan(計画) Do(実行) Check(進捗確認) Action(ズレの修正)の略。

②社長と社員の危機感のズレの解消

「社員向けお金のセミナー」

「社員の給料はどこから出るのか?」「利益はなぜ必要なのか?」「どう頑張れば報われるのか?」を、社長に代わってわかりやすくレクチャーします。

キャッシュフローコーチ® 佐野敏幸 プロフィール

佐野マネジメントコンサルティング 代表
(キャッシュフローコーチ®/中小企業診断士/AAPパートナー)
大学卒業後、大手電気メーカーの研究所で新技術の研究開発業務に従事した。
その後独立し、家具製造会社を設立して経営をしたが、最初5年程度は業績を伸ばしたものの次第に上手く回らないようになり、開業後8年で廃業した。
その反省として経営の勉強不足を痛感したことから、体系的な経営知識や考え方を身につけようと一念発起して猛勉強をし、中小企業診断士資格を取得した。その勉強の中で、過去の自分の会社が上手く回らなくなった理由を自分なりに理解できるようなった。
中小企業診断士資格の取得後は、過去の自分と同じように経営で悩む社長の手助けをしたいという想いから、学んだ経営知識や考え方を生かして経営コンサルティング業務を開始した。
その後、経営者に寄り添う「パートナー型コンサルティング」をこころざし、「脱☆ドンブリ経営のすすめ」(ダイヤモンド社)の著者であり「パートナー型コンサルティング」の提唱者でもある和仁達也先生から直接教えを受け、キャッシュフローコーチ®となった(キャッシュフローコーチ養成塾大阪3期生)。
自分自身でも痛い経験をしたからこそできる、経営者に寄り添うコンサルティングは好評を得ている

ミッションは「ビジョンの実現化」。ビジョンが実現できる環境つくりのお手伝いをしている。
モットーは「新人給与で貴社の<社外No.2幹部>の役割」。

趣味としては、インド音楽を1995年より学んでおり、シタール、スルバハールなどを演奏するほか、ニホンミツバチの養蜂も行っている。

img_7707
和仁達也先生と私
img_7708
キャッシュフローコーチ養成塾大阪3期修了式